HAPPY BIRTHDAY。

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 00:00
20180501四季猫誕生日バルーン

空の上なので、初めてバルーンで5月1日の四季猫誕生日。

空の上で20歳おめでとう。



<これ、6月5日現在、まだぎりぎり床上1メートルくらいのとこで浮いてます
<意外と持つんだねー

夏っちゃん、10年。

  • 2018.03.31 Saturday
  • 16:20
夏っちゃんのお花20180331

夏っちゃんの命日のお花。

誰かひとりでも、夏っちゃんより10年長生きしてくれないかとこっそり思ってた。
それは叶わなかったなぁ。

<充分みんながんばってくれたから贅沢な望みだったんだけど

春さんにお花をありがとうございました。

  • 2018.03.29 Thursday
  • 17:57
お花をいただいていつもはもっと早く載せるのに、すっかり遅くなりました。

春さん20100331

いただいた順で画像を載せます。

テルコムさんから春さんに

ヨノ2さんから春さんに

matikaさんから春さんに

ねねさんから春さんに

Ninaさんから春さんに

ごん太さんから春さんに

まっこから春さんに

みけこさんから春さんに


春さん20130523
春さんは高いところに登るのが好きだったから、
こんな感じで下界を(笑)見下ろしてるかなと思います。


四季猫20060521
あちらで四季猫、4匹そろったから、みんなでこんな感じかな。

みなさん、本当にありがとうございました。

春さん、永眠。

  • 2018.02.04 Sunday
  • 16:47
12時10分、春さん、永眠しました。
19歳9か月。


ちょうど私は近所のコンビニに行っていて、さほど時間はかけてなかったのだけど、
その間に…。

yofuu.くんが看取ってくれました。

春さんは2/2の夜に大阪からこちらにくるyofuu.くんをちゃんと待って、
2日近く一緒に過ごして、今日 2/4、昼過ぎに旅立ちました。

夫が来る前、危ないかもという時があったのだけど
「もう一回yofuu.くんに会おうね!」と何度も声をかけて。
春さんは、yofuu.くんのことがほんとに大好きだったから、
もう一度会わせてあげたかった。

2/2が命日の冬さんが、春さんに力を貸してくれたんじゃないかと思う。


何となくだけど、
yofuu.くんと一緒に看取ることはないかも、yofuu.くんが一人で看取るだろうな
って、yofuu.くんがこちらに間に合うのなら、私が看取れないかもしれないと
ほんとに何となくそう思っていたから、
その前に危なかった時に、
「だいすきだよ」
「ほんとにだいすき」
「一緒にいてくれてありがとう」
「長い間、本当に本当にありがとう」
って散々云ってありました。

今日、コンビニに行く前に、最後に見た春さんの顔が本当に本当に可愛くて。

だから、帰宅した時に
「今逝っちゃった」
って見た時、
ああ、あの顔はそうだったのかなって。


1/31からテルコムさんで借りた酸素室が、本当に役に立ちました。
春さん、このおかげで今日まで持ったのだと思う。

呼吸が楽に過ごせた時間も多かったし、もう自分で水を飲むこともなかったのが、
2/2〜/3は自分でお水を飲みに行って飲めるようになってました。


春さんは、本当に持病が沢山で。
2008年から喘息、2009年3月下旬には食欲廃絶して毎日点滴に通ったし、
2010年に肥満細胞腫の手術で脾臓摘出(結局脾臓は違ったけど)、この際の開腹で慢性膵炎判明。
吐きがちな春さんはアレルギー体質だと思ってたし、IBDじゃないかとも私は疑ってた。
それから2013年くらいには慢性腎不全と云われたと思う。
2014年3月からは自宅で皮下輸液を開始。

でも、ここのところは通院しても腎機能数値は基準値内なので、
体調もよかったから滅多に通院することもなく
前回鼻血や発熱で通院した2017年8月以降は、今回通院するまで普通に過ごしてました。


去年の一月に冬さんが一カ月かけて下った坂を、春さんはこの一週間で一気に下って、
ほんとあっという間でした。


こんなことを考えていた私も変なのだけど、去年冬さんが亡くなったあと
『春さんには、冬さんより、少なくとも一年は長く生きていて欲しい』
と思ってました。
漠然とそう思ったそれを、春さんはがんばってくれた。





春さん。

ほんと、この一年、一緒に居てくれて、ありがとう。

そして、19年9カ月、一緒に居てくれてありがとう。

一緒に過ごせて、本当にしあわせでした。


だいじょうぶ。
夏っちゃんも、秋さんも、冬さんもいるから。
きっとみんな、凄く誉めてくれるよ。


みんな、
ありがとう。

みんなに会えて、ほんとうにしあわせでした。

冬さん、一年。

  • 2018.02.02 Friday
  • 14:52
20180202冬さんのお花

冬さんが羽つき猫になって一年。

お花が、ボリュームアップでお願いしたのに普通サイズで届いてしまって、ちょっと残念。
いや、お花自体は可愛いしいい香りだしいいんだけど、もっとこう
ぱあっとお花が欲しかったなぁと。

そして、春さんがもうギリギリの状態なので、
冬さんの小さいころからのを振り返りたかったけど、
ちょっと余裕がありません。

ごめんよ、冬。

冬さん20040822
冬さんはとにかく寝姿が可愛かった。
お腹撫でたい。

冬さん20090622
真っすぐ私を見てくれたね。

冬さん20150322
私の膝の上で爪を切られてるとこ(笑)
この画像がすっごく好き。
これだけ2Lサイズでプリントしてあります。
yofuu.くん、撮ってくれてありがとう。

たまたま選んだんだけど、この3枚、全部22日の画像でした。

最初のが2004年8月22日。
次が2009年6月22日。
三枚目が2015年3月22日。

猫だねぇ(笑)


冬さん。

大好きだよ、冬さん。
ずうっと、だいすき。




続きを読む >>

春さん、連日通院。

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 14:08
鼻詰まりが酷くなって食欲が落ち、1/27(土)に通院した春さん。
白血球の数値が高く、好酸球とかもろもろも高いので、ビクタスを内服で出されて帰宅。
腎臓系の数値には問題なし。レントゲンや聴診で心臓は問題なさそうだった。

------
1/28(日)鼻詰まりが良くならず辛そうで、呼吸も苦しそうなので時間外になってたけど通院。
ビクタス内服が効かないかもということで、コンベニア注を注射。
エコーで、左心室が普通より大きいことは判るものの、厚みや収縮率は基準値内。
心臓の治療を始めるほどではないとの診断で、抗炎症の点鼻薬を病院で刺してもらって帰宅。

帰宅後、どんどん苦しそうな感じになっていく。
全然食べない。

------
呼吸状態は悪化しているものの、1/29(月)朝の体重は5.47kgと少なかったため
私は160mlほと輸液。
でも様子はどんどんおかしいため、通院。
白血球数やそのあたりの数値は下がっていたので、コンベニア注が効いたもよう。

でも、肺水腫。
レントゲンで肺が白っぽくなってた。
ラシックス注射、酸素吸入。
病院の猫砂のトイレが用意されて、おしっこ行かないか待ったけどせず。
帰宅したらすぐおしっこ。その日のうちに4回。翌朝1回。

------
翌朝1/30(火)の体重は5.34kgまで減ってた。
でも朝にはウエットフードを食べた。
けど、鼻詰まりが相変わらずなので、また通院。
呼吸の状態は良くなってたけど、今度はこれまで大丈夫だった腎機能数値ががっつり上昇。
見た目にはあまり判らないけれど、心臓の異常が数値に出るかもということで
Pro-BNPという検査を外注でしてもらうことに。

帰宅して13時過ぎに100ml輸液。
しばらくは少しずつは食べていて、呼吸とかましになっていそうだった。
18時半に病院に電話した時には食は細いものの食べていた。
ラシックスは投薬なしになった。

けど、だんだん食欲が落ちている感じ。
でも急には食べる気にはならないか、と多分23時ころから少し寝てしまって、
23時半ごろにトイレに行ったのをうとうとした状態で見て、少し食べているのも見かけ、
そのまま少しほっとしてまたうとうと寝てしまい。
0時過ぎにに見たら、ちょっと呼吸が荒いように見えた。

ぱぱふぅの世話もあったので、そちらをこなしつつ0:20頃に、明らかに苦しそうに見えた。
でもこんな時間に病院に電話をするのもはばかられて、悩んで1時にラシックスを投薬。
そして、また全然食べない。

------
1/31(水)朝におしっこしたあとの体重が5.27kg。
どんどん減ってく。食べてないと、肝臓が心配…。
自宅で心拍を数えても、30回/10秒くらい…特に凄く速い訳でも遅い訳でもないよね…?
でも呼吸は苦しそうだし、昨夜の様子からまた肺水腫を起こしているかも
と、今日は休診日なのだけど、電話したら診てくれるとのことで診てもらった。

聴診では呼吸は肺水腫のそれではないそう。
血液検査では、クレアチニンが昨日より上がってる。
輸液はしたいけど、輸液で肺に響くのなら難しい。
今日はラシックス注射で、あとで50ml輸液予定。

ベトメディンやピモベンダンの心臓の薬を開始するのをすすめられたけど、
去年、冬さんが別の心臓の薬を始めた夜に酷い発作を起こしたので、
今日のところはやめた。

春さん20180131
病院での春さん。
顔つきはそんな具合の悪いこの顔はしてないと思うんだよね…。
でも具合は悪い。

------

帰宅後も全然食べず。

さっき、酸素ハウスのレンタルを申し込んで、清水に取扱店があったので
今日あとで届けてもらえる予定。

毎回考えて間に合わなかったけど、今回は。
春さん、大人しく入ってくれるといいんだけど。

春、発熱。

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 21:48
7/17の鼻血のあと、8/2夜にも鼻血があり。

かかりつけは水曜日は休診日で、その日の夜も電話してみたら
転送になって院長先生の携帯につながり、神奈川に外出中だった。
市内に夜間救急はあるけど21時から。
先生は帰宅は多分23時過ぎるけど、その頃にも様子があれだったら診てくれるとは云ってもらえたけど
しばらくして鼻血は治まったので行かなかった、ということがあり。

夕方。
春さんの耳が熱かった。

耳で測る体温計を猫友さんからお借りしていて、それで測ると一回38.5度くらいがでた。
いつも耳で測っても、36度〜37度台。
でも繰り返してるうちに37度台だったので、一時的に耳が熱かったのか?と言い聞かせつつ
だけど、身体もちょっと普段より熱い気がして、悩んだ。

また水曜日。
かかりつけの院長先生は結構勉強熱心で、多分先週に出かけてたのもセミナーとかそういうんだと思う。
また出かけてるとこに電話してしまって、大したことなくて煩わせてしまっても何か申し訳ない。
15時までのゴハンは食べてたし。

そんなことを考えてしまって、様子を見てしまったら。

19時前後。
明らかに夕方より身体が熱かった。
身体が熱いのに、猫の巣で丸くなって寝てる。
熱があるのに寒気がして丸くなってるんだったら、人間だとそれってこれからもっと熱が上がらない?
太ももに人間の体温計<水銀のやつ>を挟んで、5分。
もう5分経つ前に、みるみる水銀が上がってたので、熱があるのは判った。

39.5度。

太ももで挟んでこれって、普通におしりで測ったらもっと高いんじゃないか?
って思い、もう迷ってる暇もなく、かかりつけに電話するも、転送になったけど出ない。
出られない状態だとしたら、外出中かも。
と、夜間救急を調べてみるも、やっぱり21時から。

どうしよう。
ぱぱふぅのかかりつけの方に電話してみるか、平日19時までだから30分くらいはまだ電話がつながりそう。
と悩んでたら、携帯番号の電話から着信。

かかりつけの院長先生がおりかえし電話くれたーーー!(泣)

様子を話すと、診てくれるというので、それからタクシー呼んで
それまで静かにぐったり風だったのに、キャリーに入れた途端に鳴きだした春さんを連れて病院へ。

------

体重:5.66kg <朝の輸液がまだあったんだと思う、朝は5.59kg
体温:39.4度

聴診とかで肺水腫とかそういう音はしないと。
春さんはそもそも気管支系がよくないので、少しざーっとしたそういう音はする。

検査機器は今日は止まってて血液検査とかできないけど、
他に、午後からハナミズやくしゃみをしていた様子から、
抗生剤を注射してもらうことに。
<検査は翌日午前中に通院することに
そのまま打つと痛い?抗生剤らしく、輸液で薄めてシリンジで投与。

他、鼻血やハナミズの対応として、点鼻薬というか目薬をだしてもらう。
鼻にするのが難しいって云ったら、目でもつながってるから、と。
正直、点鼻するのトラウマで、秋さんが点鼻した直後に発作起こしてそのままだったから
とても怖い…。

21時前に帰宅。
帰宅した途端に、猫テーブルのお皿のところに行って「にゃーーー!」って
私を見上げるんで、発熱してても食べたいの?って
とりあえず一般食のウエットフードあげたら、少しずつ食べてくれた。

帰宅してからは、あちこちに伸びて寝そべってることが多かった。
<たまに猫の巣で丸くなることもあったけど
呼吸は普段より速かったけど、伸びて熱を発散?してくれてる方がちょっとほっとした。

------

そして、翌日午前中検査のために通院したけど、それはまた別記で。



この日は昼にぱぱも通院していて、ぱぱは別のかかりつけ。
ぱぱはエイズを発症したかもしれず、先週発熱してそれが治まって
他、腎不全以外の数値は落ち着いたとこでほっとしてたのに、
そちらを見てて、春さんをちゃんと見てなかったのか…と、結構自分にへこんだ…。
<ちょっとハナミズとくしゃみは3回あったけど、
<昼間には発熱まではしてなかったと思うのよ…。

秋さん、一年。

  • 2017.07.20 Thursday
  • 13:30
ひまわりを19本。

秋さんはこちらの世界では19歳を迎えられなかったけど。

秋さんのお花20170720

今日で一年。

秋さん20040101
5歳の秋さん。
むちむちで艶々(笑)

秋さん20090323
10歳の秋さん。
得意の茄子のポーズ。
秋ナスだよね、といつも云ってた。

秋さん20141106
16歳の秋さん。
ねころんを気に入ってくれて、よく使ってくれた。
猫はみんな寝姿が可愛いと思うけれど、秋さんもほんと寝てる姿が可愛かった。

秋さん20080812
10歳の秋さん。
高いところから。

秋さんは、ほんと持病が多くて、大変だったと思う。
そっちからは、一生懸命じゃなくていいから、がんばらなくていいから、適当でいいから、
やんわり、見守っててね。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

四季猫いくつ?


☆夏海は2008/3/31に天使猫になりました


☆秋音は2016/7/20に天使猫になりました


☆冬夜は2017/2/2に天使猫になりました


*script by KT*

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM