スポンサーサイト

  • 2017.08.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    春の術痕(一ヵ月)

    • 2011.01.14 Friday
    • 11:43
    肥満細胞腫と脂肪腫切除、開腹・脾臓摘出(+膵臓生検)の手術から
    一ヵ月を越えました。

    今の手術痕の部分はこんな感じ。

    春・左脇110114
    左脇。

    被毛は結構生えてきてるけど、まだまだ長さは短い。
    真ん中辺りの、ちょっとぼこぼこっとしたように見えるところが
    <て、画像じゃよく判んないか
    皮膚の肥満細胞腫のところ。
    やっぱり、触ると皮膚が少しぼこぼことしてます。

    向かって右側にあるだろう、皮下の脂肪腫を切除したとこは、
    こうして見た目でも、よく判んないくらい。

    春・お腹110114
    ちょっと遠目だけど、お腹。

    こっちも、被毛は生えてきてるけど、まだ短いなー。
    短毛だけど、意外に毛の長さってあるんだよね。

    春は、避妊手術後も確か「完全に生えそろったなー」と思えるまで
    半年ぐらいかかったかと思う。

    ------

    手術のことと関係ないのだけど、
    春、今週も嘔吐がありました。
    1/9、10、13と、今朝も。

    が、ずっと気になっていたことがあって、それが今朝の嘔吐で的中。
    指一本分ぐらいの、毛玉、吐きましたーーー。

    春って毛玉を吐くタイプで、結構毛づくろいしてるのに、毛玉吐いてなくて。
    今週の嘔吐は、毛玉が胃の中にあって、それでじゃないか?と疑ってた。
    で、今週2〜3度ほど、ラキサトーンを舐めさせたりはしたんだけど、
    もう、とっても抵抗されるので、中々できなくて。

    毛玉、吐いてくれて、ほっとしました。

    今週の嘔吐は、多分、胃の中で毛が荒らしてたり、
    毛玉が段々膨らんでいったせいじゃないのか?
    と思うので、明日通院予定だけれど、
    もう少し薬だけで様子をみさせて欲しいと、本人が行かずに済まないか
    聞いてみてます。
    <メールで

    本人が、全然元気だし、凄く食べるし<他の猫の分も
    うんちも出てるし。
    こう寒いと、先週も通院してて、今週末も本人通院させるのが
    何か可哀想で。
    <いつも察して逃げるし

    春110114
    春 「病院、行きたくなーい。元気だも〜ん」

    だよねー。
    行きたくないよねー。

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫


    春、抜糸。

    • 2010.12.23 Thursday
    • 17:57
    昨日、お腹の糸を二本、自分で抜糸しちゃいましたが(^^;

    今日、無事に全部抜糸できました。

    糸がないんで、そんな痛々しくはないと思うから、
    そのまま載せちゃうけれど、
    痛々しく見えたらごめんなさいーーーー。

    春・お腹抜糸済み101223
    お腹。

    あー、カサブタ取りたい・・・・・・。

    春・左脇抜糸済み101223
    左脇。

    あー、ここもカサブタ取りたいっ・・・・・・。
    yofuu.くんに怒られるので我慢・・・・・・。


    向かって右側の、脂肪腫摘出したとこは、
    この画像だと、もう全然、シワ。

    カサブタが取れて、毛が生えたら、判んなくなるね。
    早く生えますように。


    左脇、皮膚の肥満細胞腫と皮下の脂肪腫。
    脾臓摘出に関しては、これにて終了、としたいと思います。


    他、膵炎関係のことは、別カテゴリにするので、
    別記事にします〜。

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    自己抜糸。

    • 2010.12.22 Wednesday
    • 16:54
    ↓で、あんな風に書いといてあれなんだけど。

    春がお腹から抜いた糸101222

    抜いたよ。
    抜きました、糸。

    ・・・・・・_| ̄|○

    左脇のは数があってたんで、お腹を見たら、
    一本足りなかったーーーー!

    く、くっついてるから大丈夫だと思うけど、
    明日抜糸なのに、何で前日にーーー!

    冬と春101222
    <食事直後なので、エリカラしてません
    春「抜いたけど、何か?」

    いや、何か? じゃなくて。


    でも、見た感じ、上手く解けて抜いたっぽい。
    てか、解けていいんだろうか・・・・・・。


    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    縫合部分。

    • 2010.12.20 Monday
    • 12:59
    春101219

    ちょっと舐めてるのを見たのが16日ぐらいから。
    術後5日ぐらいすると、やっぱり痒いとかでてくるのかなぁ。

    でも、全然、何と云うか、軽〜い毛づくろいの流れの感じで、
    そこだけをがしがし舐めたりする様子は、
    全く、ぜんっぜん、ない! です。

    春、結構、毛玉溜まりやすいタイプだし、
    それって結構毛づくろいをするタイプ、だと思うので、
    術後痕とか気にするだろうと思ってたのに、
    ほんとに拍子抜けするぐらい、気にしてないみたい。

    舐めてる!?と思っても、実際見てみると
    縫合部そのものより、刈られたところと刈られてないところの
    毛の際部分を舐めてる事の方が多い。
    縫合部分は、舐めると糸が硬くて舌が痛いのかも?(^^;

    冬も、自分の毛づくろいはするタイプ<ひとのはあんまりしない>なんで
    気にするだろうと思ったのに、全然だったからなぁ。
    ほんとにこういうのって、してみないと判んないもんだなと。

    それでも夜眠る時とか、長く目を離すことになるときには、
    一応、やまだのママさんに作っていただいたエリカラを
    つけてもらってます。
    突然、何かしたくなったりするかもしれないしね。

    続きには、各部のアップを載せるので、
    あんまり見たくない方は注意してください〜。


    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    続きを読む >>

    春の、病理検査の結果について、自分のメモ。

    • 2010.12.18 Saturday
    • 23:48
    下の病理検査結果についての、自分の考察。
    って、考察ってほど、高尚なもんでもないな(笑)
    <※12/19、ちょっと追記※

    ------------------------------


    ≪皮膚・肥満細胞腫≫

    春のは、核分裂像が少数、核分裂数が0ということで、
    増殖度が低く、悪性度も低い、ということみたい。

    マージン、マイナスなので、
    「ちゃんと取りきれました」
    ということではある。

    でも、冬みたいに、しっぽで取りきれてても、
    約一年後に、後頭部に見つかったりもしてるので、今後も注意は必要。

    冬の時は、病理検査結果を
    「取りきれてて、大丈夫でした」というようなことを聞いただけで
    核分裂像がどうとかいうのは聞いてません。

    核分裂像や核分裂数が多いと、増殖度が高いということで
    悪性度が高い、ということなのだと。

    例え、マージンが取りきれていても、もしかしてそういうものだと
    後に再発したりするのかも?
    <自分の考えなので、実際そうなのかどうかは判らない

    先生も、猫の皮膚上の肥満細胞腫は良性で、そんなに急いで手術とか気にしなくても
    ということはおっしゃってました。
    でも、検査結果のコメント欄に「潜在的悪性腫瘍」とあるものだし
    病理検査してみなければ、「核分裂像の多い症例か、そうでないか」は
    判らないんだよねー。


    ≪≪ 追記 ≫≫
    肥満細胞腫は、根っこが深い腫瘍、と表現されているのを目にしたことがある。

    春の肥満細胞腫は、触った感じでは、皮膚だし、
    つまんで根っこがある感じは全くなかった。
    サイズだって4mm。

    それでも、
    『腫瘍細胞は周囲組織に浸潤性に増殖しています』
    と病理検査で出てるので、周りに広がっている、という状態だよね?
    少しずつ少しずつでも、浸潤、増殖していくものなのかもしれない
    と思うと、やっぱり取ってよかったと思う。

    でも場所によっては、様子を見る方も選択します。
    冬の後頭部みたいにね。


    ------

    ≪皮下・脂肪腫について≫

    これは、脂肪腫だったので、まぁよしとしますが。

    前にも書いたけれど、「大小不同がある」のは、ちょっと注意が必要なようです。
    春は、細胞診の際には、大小不同はなかったけれど、
    切除しての病理検査では「大小不同」と出ました。
    他が大丈夫だし、良性腫瘍の診断はでてるので、よいかなと。

    脂肪腫できるコは、できやすい体質もあるようなので、
    今後も要チェック。

    ------

    ≪膵臓について≫

    開腹しなければ、膵臓が変というのはエコーでは判らなかったし、
    開腹したことで、「軽度から中程度」で慢性膵炎だと判ってよかったと思う。

    でも‘中程度’と云うと、結構よくないそうです。

    病理検査の内容で、つまりは細菌などでこうなってる訳ではない、
    ということは判ったから、
    そういう意味での投薬は行なわれないだろうし。

    春は、慢性膵炎のカテゴリを別に作ったので、
    膵炎に関しては、今後はそっちのカテゴリで書いていこうと思います。

    ------

    ≪脾臓について≫

    この内容だと、全然「取らなくていいものだった」ということになると思う。

    その点について、春には謝ります。
    ごめんね・・・・・・。
    取る必要なかったのに。

    脾柱、というのは、脾臓に普通〜にあるもの。

    春のは、どうしてか判らないけど、脾柱に線維組織が豊富になってて
    エコーに映った。
    それがたまたま一ヵ月で増えたところを、たまたま検査して見つけてしまった。

    小さなものでも映る、いい機械ってのも、場合によっては考えものなのか?
    <検索した時に、動物病院で「4mm以下のは映らない」と云われた
    <というようなことを書いていた方がいたので

    でも、このことによって、膵臓の異変が判ったしね。
    もっと重度化してからでは、膵炎の治療ももっと大変になるだろうし。
    前にも書いたけれど、これがなくて、試験開腹はしなかったと思う。

    申し訳ない気持ちは勿論あるけれど、脾臓を取って判った膵炎の治療を、
    これから頑張ります。

    ------



    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    春、12/11手術の病理組織検査結果。

    • 2010.12.18 Saturday
    • 23:20
    12/16(木)に聞いた、病理検査の結果です。
    大体そのまま記入します。

    検査してもらったのは、4ヵ所。
    ■皮膚腫瘤(左腕近くの脇)
    ■皮下腫瘤(↑上記の近く)
    ■膵臓(一部)
    ■脾臓(全摘出)

    元々は、膵臓は予定にはなかったけれど、開腹した際に
    普通より色がオレンジっぽく、少し硬かったため。

    ----------------------------------------

    【診断名】

    ■皮膚腫瘤 : 肥満細胞腫

    ■皮下腫瘤 : 脂肪腫

    ■膵臓 : 膵炎

    ■脾臓 : コメント参照


    ------------------------------


    ≪皮膚・肥満細胞腫について≫
    〔組織所見〕 
    皮膚腫瘤は円形細胞の腫瘍性増殖からなります。
    腫瘍細胞は肥満細胞に類似しています。
    腫瘍細胞は軽度の異型性を示し、核分裂像は少数です。
    核分裂数は0です。
    腫瘍細胞はシート状に配列しており、その密度はやや密です。
    腫瘍細胞は周囲組織に浸潤性に増殖しています。
    本標本上、マージン(−)であり、脈管内浸潤も確認されません。

    〔コメント〕
    ネコのこのような高分化型肥満細胞腫は、基本的には良性腫瘍として扱われます。
    しかしながら希に転移を起こす症例がありますので、潜在的悪性腫瘍と考えるべきです。
    特に核分裂像の多い症例はリスクがあるようです。
    (中略)
    この腫瘍は多くの場合切除によって治癒します。
    また、時に多発することがあります。

    ------

    ≪皮下・脂肪腫について≫
    〔組織所見〕 
    皮下腫瘤は脂肪細胞の腫瘍増殖からなります。
    腫瘍細胞には大小不同が認められますが、それ以外の異形成や核分裂像は認められません。
    本標本上、正常組織を巻き込みながらの増殖は確認されません。
    壊死や炎症も認められません。
    本標本上、脈管内浸潤も確認されません。

    〔コメント〕
    皮下腫瘤は、脂肪細胞に由来する良性腫瘍です。
    脂肪腫は一般的に切除によって治癒します。

    ------

    ≪膵臓について≫
    〔組織所見〕 
    膵臓では、一部の小葉において、腺房構造が消失し、リンパ球や形質細胞の浸潤が認められます。
    同部位では、膵管が軽度に増生しています。
    間質にも、リンパ球浸潤が軽度に認められます。

    〔コメント〕
    膵臓には、慢性膵炎の所見が認められます。
    その程度は、軽度から中程度です。
    この炎症の原因となる特徴的所見は認められません。
    また、ややオレンジ色を呈し、硬結していたようですが、それを説明できるような所見は見出せませんでした。
    経過観察が必要です。

    ------

    ≪脾臓について≫
    〔組織所見〕 
    脾臓は、赤脾髄領域が拡大しており、血液が貯留しています。
    造血細胞が軽度に混在しています。
    2ヵ所において、線維組織が比較的豊富な脾柱が確認されます。
    本標本上、腫瘍性変化は認められません。

    〔コメント〕
    脾臓において、エコー上で観察された結節病変は、おそらく線維組織の増生が豊富な脾柱部分と推測されます。
    これに関して問題ありません。

    ----------------------------------------

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    寒かったせい。

    • 2010.12.17 Friday
    • 14:59
    DVC00064.jpg
    押し入れにこもってたのは、寒かったせいみたい。
    <お腹のどぇんはスルーで(^^;

    エアコンでがっつり暖房したら、つま先に懐いてごろん。

    ごめん、気が利かなくて・・・・・・orz
    オイルヒーターはつけっぱなしなんだけど、それじゃ足りなかったんだねー。

    今日はこれまで大体食べてるけれど、
    どうも、秋や冬と一緒のものが食べたいのかもしれない。
    秋と冬のにはk/d缶が混ざってる。

    そもそも、k/d缶は春があんまり食べないから、春はツナタピオカだけにすることに
    なったのになー。
    気が変わったのねー。

    昨日ぐらいから、ちょっとずつ、縫合部を気にし始めたというか、
    昨日、一回、舐めてるのを見かけて、
    今日は、もう少し舐めてた。

    縫合部以外も、あんまり毛づくろいできないのも可哀想だし、
    <何か、毛がぺたっとしてきちゃうんだよねー
    縫合部を舐め倒すような感じはないので、そのまま見てたけど、
    大丈夫でした。

    でもやっぱり、術後5日ぐらい経つと、きっと痒いとかあるんでしょうね。

    そう思うと、初日から舐め倒してた秋ってやっぱり、神経質だわー。


    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    四季猫いくつ?


    ☆夏海は2008/3/31に天使猫になりました


    ☆秋音は2016/7/20に天使猫になりました


    ☆冬夜は2017/2/2に天使猫になりました


    *script by KT*

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM