秋、通院。(嘔吐と尿潜血)

  • 2012.04.22 Sunday
  • 13:20
体重 : 7.42kg
体温 : 37.9度


相変わらず、体温測定の時に暴れるので、何度も計りなおし。

朝、ちょっとのすきにおしっこされちゃって、
採尿できなかったのだけど、
自宅でちょくちょく尿試験紙でのチェックでは、
尿潜血は相変わらず 3+↑。

3/26〜の嘔吐の様子は、
3/26、27、4/1、2、4、6、8、9、10、16、18、19、20

4月4、6、8、9、10、とが全部近い時間の嘔吐だったので、
4/11から自己判断で、午前中にザンタックを飲ませてた。
そしたら、18、19と午前4時すぎに嘔吐があったので、
19から夜もザンタックを飲ませてた。

******【血液検査】******
WBC : 77
RBC : 637
HGB : 10.8
HCT : 33.3
MCV : 52.3
MCH : 17.0
MCHC : 32.4
PLT : 43.2

好中球: 52%
リンパ球 : 11%
単球 : 5%
好酸球: 32%

BUN : 28
CREA : 2.4
ALB : 3.3
ALT : 43

GLU : 97

******++++++******

相変わらず好酸球が多いけどー。
でも、クレアチニンがぎりぎり基準値内になった。

前回の通院、3/26〜の嘔吐の回数とか尿潜血のことからも
秋さんもステロイドを服用してみる事に。
注射はあるけど、内服をしたことはなかった。

プレドニン1/2錠を一日一回。
ザンタック1/4錠は朝晩。

続きを読む >>

秋、通院。(尿潜血関連)

  • 2012.03.25 Sunday
  • 14:23
2/26にバリウム検査してから、通院してなくて、
2/26のBUNやCREAの数値が高めだったので、そのうち通院しないと、
と思っていたのが、この日に。

それに、2/25に通院した時に、ポララミンという抗ヒスタミン剤を処方されてて
3/5〜/10朝まで飲ませていたけど、自宅での尿検査では尿潜血は変わらず3+↑
なので、これも飲ませ続けるのか気になった。

秋は、バリウム検査してからの嘔吐は
3/4に3回、3/16に2回、3/20、3/23。

2〜3日に1回は吐いてたのを思うと、回数が多い日はあったものの、
秋にしては、間は凄く空いたのがびっくり。
バリウム、胃や腸の粘膜を保護する作用もあるってことなので、
それが効いたのか?と思った。

でも、3/20〜は結局3日に1回、という感じになってたので、
元に戻ってきたかなーと感じた。

Nの病院。

------

体重:7.42kg
体温:37.6度


尿潜血に変化がないということで、ポララミンはやめることに。

【血液検査】

WBC : 82
RBC : 699
HGB : 11.9
HCT : 37.2%
MCV : 53.2
MCH : 17.0
MCHC : 32.0
PLT : 36.3

好中球 : 48%
リンパ球 : 16%
単球 : 2%
好酸球 : 34%

BUN : 27
CREA : 2.6(基準値0.8〜2.4)
ALB : 3.2
ALT : 52 (2/25:161)(基準値12〜130)
GLU : 94

******

秋、2/21にはCREAは2.6だったんで、元に戻った感じ。
自宅で見てても、3.8のままでいるとは思ってなかったので、
やっぱり下がってた。
<基準値は越えてるけどね

で、好酸球が上がってるorz
秋も、何かアレルギーありそうな気がするけど。

尿潜血が続いてるのは、やっぱりどうしても先生はどうにか止めた方がいい
と思うようで、
今度は、トランサミン(止血剤)を試してみることに。

私が嘔吐が気になったので、ウインタミン(吐き気止め)という薬も出された。
このウインタミンが、問題だったんだけどねー。


秋、病院でほんといっぱいいっぱいになっちゃうようになってしまい、
バリウム検査の時が、本当に嫌だったんだろうと思う。
先生も、バリウムの時に「パニックを起こしてしまって」という云い方だった。
そんなに怖くてやだったんだね・・・・・・(涙)

この日、血液検査で採血するときも、興奮してるからかどうか、
血が中々止まらなくて、しばらく押さえてた。

だから、あんまり通院させたくないなー。

JUGEMテーマ:病気と闘う猫


続きを読む >>

秋、尿・便検査。(本人通院なし)

  • 2012.03.10 Saturday
  • 17:51
春風さんは通院したんだけど、秋音さんは、悩んだ末に、
尿と便だけ持って行った。

この2週間、吐いたのは、3/4(日)だけ。
この日、3回続いたので、尿毒症症状だと困ると、通院しようかと悩んで、
でも、土砂降りで、もう暗くなってる時間で、
秋の様子も、そんな中、通院するほどじゃないかもと感じたので
行かなかった。

体重を量ってみても2/26から減ってはいないし、
食事も食べてるし。
2週間で、吐いたのが3/4だけ、というのは、普段平均して2〜3日に1回ぐらい
吐いている秋を思えば、すっごく少ない。

どうしても今日、通院する必要はないと判断して、尿と便だけ。
便は、うちは気になるところはないんだけれど、
今の病院で便検査をしたことがないので、
嘔吐の関係から、一度便検査をしたいと、前回云われていたから。

Nの病院。

------
【尿検査】
尿潜血 : +++
他は普通。

比重 : 1.026
と、ちょっと落ちてきてるけど、ここの病院では、1.025以下になると
腎不全の判断をするそうなので、ギリギリ。

ただ、ストレスにならない程度に通院して、血液検査をして、
クレアチニン(2/26に3.8)がどうなったかは見たいとのことなので、
次週かなと。

体重減ってなくて食べる方は普通に食べてて、なので、
今現在、そこまでクレアチニンの数値があるとは思えないのだけど、
こういうのって、‘その状態に体が慣れる’、ってこともあるかもなので
一概には云えないよね。

抗ヒスタミン剤(ポララミン)を3/5(月)から朝晩、内服していたのだけど
尿潜血が全然変化ないってことで、これはやめることになった。

便検査も、問題なしでした。

------

病院がかなり混んでいて、腎機能の悪化で来ている猫さんが二組いて、
話し込んでいて、思ったより時間がかかっちゃった。
帰宅したら、まだ残っていたゴハンが、残ったままでした。

春秋が通院して、冬が一人残ってると、いつも食べてないのだけど、
秋と冬と二人だったのに食べてなかったので、ちょっと心配した。
でも、新しく出したら食べたけどね(^^;
続きを読む >>

秋、通院(尿潜血)

  • 2012.02.25 Saturday
  • 15:58
春と一緒に通院。

嘔吐は、2/15、18、23。
2週間で3回なら、秋としては少ない方。
ただ、23日の嘔吐が食後じゃなくて、食間だったのが気になった。

おしっこ、2/18と23に、見た目で一部が、うっすらピンクに見えたことがあった。
2/24の23:51のものと、当日朝の6:01のものを持って行く。

Nの病院。

------

体重:7.52kg
体温:38.6度


ちょっとだけなのに、体重が増えてることを云われる。
いやー、細かいわー。
<2/11に7.46kg
今、ドライが38gだと云うと、36gぐらいにしてみては、と。

もうちょっと、7kg前半ぐらいにした方がいいってことで、
1ヵ月100g減くらいのペースで減らす目標に。

聴診、触診、問題なし。

持っていった尿が、もう見た目で濃い〜色で、カルテにも褐色と書かれてた。
尿潜血も相変わらず3+以上だし、前回の血液検査で、
春ほどじゃないけれど好酸球が高めに出ていたこともあって、
何か炎症があるかもしれないと、やっぱりちょっと内服を云われる。

で、秋も嘔吐があるタイプだから、
まずは一週間嘔吐の様子をPH試験紙でチェックしながらメモって、
次の週から、ポララミンという抗ヒスタミン薬を服用してみることに。

ちなみに、嘔吐物のPH試験紙は、黄色いままだと酸性で酸度が高い。
緑色になると、アルカリ性で、食道炎症があったり?<このメモ自分で読めない(汗)
十二指腸液とかが混ざってるかも、と。

------
<が、秋さんは、翌日嘔吐が連続し、バリウム検査することになる
続きを読む >>

秋、尿検査(本人通院なし)

  • 2012.02.12 Sunday
  • 22:27
春のと一緒に、尿検査。

ここのところのパターンで、寝てから起きるまでの間に一回はするので
そうすると採尿できるか判らなかったので、
2/11の20:10のおしっこも採尿しておいたけれど、
2/12の3:56のも採尿できて、2つ持っていた。

どっちのも凄く濃い色で、しかも時間が経ったら、
何だか下の方に沈殿物みたいな感じのものが・・・・orz
キラキラしてはいないので、結晶の類じゃなさげ。
何かもやもやっとしたもの。

【尿検査】
検査したのは、当日の尿の方。

比重:1.035

尿潜血はやっぱりとても多い。
好中球、細菌が多くはないけど出た。
<てか、尿検査で好中球?

多くはないけど細菌があったけど、市販のプラカップで採尿したので
これは容器の可能性もありとも。

できたら、膀胱穿刺で採尿したいとのこと。
前日通院した時に、エコーで膀胱に尿が溜まってたから
やって欲しかったよ・・・・。

抗生物質の投与とかした方がいいんだけれど、
腎機能の数値が上がり気味なので、どうするか・・・・。
続きを読む >>

秋、通院(歯肉炎、歯頸部吸収病巣、特発性膀胱炎に関連)

  • 2012.02.11 Saturday
  • 17:48
口の中が痛そう、な感じがするのと、
2/11の3:31に吐いたものに、ちょっと血液が入ってて、
口内からなのか上部消化管なのか気になって。

あと、ちょっと便秘気味。

春風さんと一緒に、Nの病院に通院。

------

体重 : 7.46kg
体温 : 37.8度


体温を何度も測りなおしてたんで、多分、うんちがあって
うまく計れなかった模様。

聴診、触診。
口の中を診てもらって、歯肉炎だけど、そんな酷くないのと、
歯頸部吸収病巣になってると云われた。
歯が溶けてなくなっていてしまう病気。
歯そのものの根元が赤くなってる部分があった。

口の中のことよりも、特発性膀胱炎で尿潜血が出てることについて
凄く気にされる。
そんなにずっと尿潜血3+以上とかはおかしいから
腎臓から出血しているのではないかと云われた。

これまで、MセンターでもM動物病院でも色々検査したけど、
どうしてかは判らなかった。
けど、結局、新しい病院に来たら、その先生もひと通り調べてみないと
気が済まないんだよなぁ・・・・と思う。

で、腹部レントゲンと血液検査。
その後、エコーをしたんだけど、エコーはやってるところを見せてくれたのは
初めてだった。
膀胱も結石等はないと思われ、腎臓は構造的には大丈夫だけど、
やっぱり片方が小さい。
30.2mmと、37.7mmぐらい。
でも、大阪でも小さい方が30mmぐらいってことだったので、
あまり変わってはいない様子。

******血液検査******
WBC : 95
RBC : 703
HGB : 12.3
HCT : 38.2%
MCV : 54.3
MCH : 17.5
MCHC : 32.2
PLT : 40.4

ALB : 3.3
ALT : 49
BUN : 28
CREA : 2.6(基準値0.8〜2.4)
GLU : 126

Ca : 10.0
PHOS : 3.8
************

秋も、クレアチニンが上がってきてる。
これまでの検査では大丈夫だったんだけどなー。

で、尿潜血があるから、ドライはPHコントロールをメインにあげてるけど、
腎臓用にした方がいいのかどうか、聞いてみる。
<何処でも前から何度も先生に聞いてきたんだけどねー

今回、尿検査をしてないので、とにかく尿検査をしてみてから、との返事。
<なら今、膀胱穿刺してくれよーと思ったんだけど、混んでて
<結局、翌日尿だけ持ってったら、膀胱穿刺の話になったんだよ・・・・

ちなみに、秋さんも好酸球高めと云われた。
秋さんも、平均すると3日に1回くらい吐いてるしねぇ。
<秋は、3日続いて、3日空いてみたいな感じが多い
秋もIBD疑い、なのかなぁ。

秋は結局、歯肉炎も、コンベニア注って話にもならず、
ここの病院では、このくらいでは何もしない対処なのかしら。

翌日、尿だけを持って行っての話はまた別記事で。
続きを読む >>

秋、通院。

  • 2010.05.15 Saturday
  • 19:06
四季猫100515

秋の朝一の尿を採尿して、病院行きました。

えーと、調子悪いとか、そういうんじゃなく。
去年の5月から、尿潜血が始まって、もう一年で、
そろそろまたレントゲンとかエコーとかしてみましょうかね
って話を、3月の冬の通院時にしていたので、
本猫が、ぎゃーぎゃー喚いて鳴きまくるとこを連れてきました。

この時期、犬がほんっと多いので、混んでるのを覚悟で行ったけど、
今日の患者さんたちは殆どマナーのいい飼い主さんたちばっかだったので
良かったデス。

秋の様子としては、相変わらず、一日3〜4回のおしっこ。
尿試験紙で、たまーにチェックしてみると、相変わらず+++。
週一ぐらいで量ってる体重は、7.5kgぐらい。

Mセンター、B先生。

------

体重:7.45kg

触診、心拍等、異常なし。

****【尿検査】 朝6:50のもの****
GLU : −
PRO : 1+ 30mg/dl
BIL : −
URO : NORMAL
PH : 5.5
S.G. : >1.030
BLD : 3+ 1mg/dl
KET : −
LEU : 500Leu/µL
****************

PHが低いけど、シュウ酸カルシウムとかないし、大丈夫。
ここんとこにしては珍しく、ちゃんと比重もあるし。

その後、採血して、レントゲンとエコーのため、しばらく預け。

レントゲン、エコーとも、膀胱や腎臓に石等はありませんでした。
膀胱の粘膜の厚さも普通で異常なし。

ちょっとショックだったのは、少し腎臓が萎縮してきてる
云われたこと〜。
「年齢的なもの」ってことだったけど。

******【血液検査】******
グルコース : 107
BUN : 28
クレアチニン : 1.9
ALT : 28
AST : 30

GGT : < 5
総ビリルビン : < 0.1

総蛋白 : 7.4

白血球数 : 50
赤血球数 : 726
血色素量 : 13.1
赤血球数容積 : 38.9
平均赤血球容積 : 54(正常値42〜53)
平均赤血球血色素量 : 18.0
平均赤血球色素濃度 : 33.7
血小板数 : 23.1
****************

検査項目は先生におまかせだったので、上記のものだけ。
秋にしては、というか、四季猫にしては、ヘマトクリット値とかが
殆ど普通なので、上出来かと。

秋って、フケが出たりするし、肝機能の数値の心配してたけど
全然大丈夫だし。
PHコントロール食べてると、腎機能系心配なんだけど、
こっちも大丈夫だし。
血糖値も大丈夫だし。

ってか、相変わらず、「原因判らん尿潜血」 ってことが判った感じ。
判らなくて、いいようなよくないような。
それが特発性膀胱炎、ってことですね、はい。


JUGEMテーマ:病気と闘う猫


続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

四季猫いくつ?


☆夏海は2008/3/31に天使猫になりました


☆秋音は2016/7/20に天使猫になりました


☆冬夜は2017/2/2に天使猫になりました


*script by KT*

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM