『エンド・オブ・ザ・ワールド』

  • 2016.12.19 Monday
  • 18:52
<久しぶりにブログ書くのに、映画の感想かよ!だけど(^^;

大分前に録画してあって、世界が終わる話なので重いかなぁと見れずにいたのを
やっと見た。

そして、思ってたより全然重くないです。わりと。


3週間後に地球に小惑星が激突するのを止める手立てがないことが判り、その途端、妻は何も言わずに主人公を置いて去る。妻を探すでもなく、他に何をするあてもなく、主人公の中年男性はただ普通に会社に通ってしまう始末。そんな中、これまでろくに顔を合わせたこともなかった隣人のペニーと知りあい、彼女のところにずっと以前に誤配されて放っておかれた郵便物の中にかつての恋人からの手紙を見つけ、責任を感じた隣人ペニーと彼女に会いに行く決心をする。

最初に思ったのが、新井素子の小説『ひとめあなたに…』。
隕石衝突で1週間後に地球滅亡を知り、別れた元彼に会いに行こうとする話。
この話が、えっとネタバレするけど、殺人や暴力やどろっとたものがあり…
わりと重苦しさがあるんで
この映画も録画したものの、それなりの気持ちがないと見れないなぁと思ってたら
暴力的な場面は、凄く少ない。

主人公の男性ドッジは、淡々と過ごして、暴飲暴食するとか
性行為に明け暮れるとかそういうことは全然できない…というか
そういう風にしたいとは思えない人で、
私も多分、世界が終わると知ったとして、猫のお世話を放棄しないだろうし
猫たちが最後のその日のその瞬間まで、普通〜にいつもと同じ習慣のまま
過ごせるようにってことだけを努力すると思うから
そこは主人公にある程度共感しつつ
わりとファンキーな感じもある隣人ペニーも好感もてた。

『エターナル・サンシャイン』となんとなく似てるなぁと思ったら、同じ監督でした。
↑これは私は全然面白くなかったけど、
今日見たのは面白かった。
世界の終わりものではあるけど、全然パニックムービーではなく、穏やかに見れて
こういうのを好きだなぁって思うのは、私には珍しいかも。

でもこのDVDのパッケージはどうなんだろう(^^;

続き、もっとネタバレあります。

続きを読む >>

『レンタネコ』

  • 2015.08.10 Monday
  • 19:35
録画してあったのを夏休み前頃に見たんだったと思うけど。

一回見てみたいと思ってて、録ってあった。

短編4本ほどを合わせた感じのつくり。
家に猫が沢山集まっちゃう職業不詳な主人公の女性が、
リアカーに猫を乗せて、
心が疲れてる、猫をレンタルする相手を見つけては
猫を貸して、その人を癒していく、みたいな感じ。

なんというか…中途半端だなぁと。
猫ブームだから、沢山猫だしとけ的な?

リアリティーなくたって構わないんだけど、
真夏に人間もくらくらするような状態で、
リアカーに猫乗せてまわる設定は許せん(-_-;)

虐待するような相手じゃないのを見抜ける嗅覚(?)は
主人公は持ってる感じではあるけど、
現実にこれを見抜くのは、凄く大変で難しいだろうなぁ。

主人公の市川実日子の自宅に、沢山の猫が自由気ままに過ごしてる
場面は楽しい。
エンディングのくるねこさんの絵もいい。

つづき、ちょっとネタバレ。


続きを読む >>

『もしも昨日が選べたら』

  • 2015.07.06 Monday
  • 18:39
ちょっと前にやってたので、録ってあったもの。

Amazonレビュー見ると、日本公開なかったとあるけど、そうだっけ?
この設定覚えてたから、上映のCMで見たんだと思ってたんだけど…。
あと、凄く評価高くてびっくり(^^;

主人公が下品というか下劣というか、生理的に受け付けないタイプ(-_-;)
仕事に明け暮れて、っても、『最高の人生の見つけ方』のジャック・ニコルソンみたいな
タイプは、憎たらしくても嫌いじゃないんだけど、
この映画の主人公みたいな、下品な感じなのは嫌だったなぁ。

何というか、簡単な(?)バックトゥザフューチャーみたいな。
リモコンであらゆるものを一時停止したり早戻しや早送りしたりできる。
そうやって、家族との時間を早送りしては蔑ろにしていく主人公。

家族をほうっておいて進む世界に後悔する、って。
オチが、予想通りだったのも、ああ、って。
全然泣けなかったなー。


あと、この邦題、あってないなぁと思いながら見てたけど、
でも、よく考えると凄いネタバレのような気もする。

『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2』

  • 2015.07.05 Sunday
  • 16:40
海外ドラマです。
やっと録ってあったシーズン2、観おわったー。

面白いです、これ。

みんなの記憶が戻って、シーズン2だし、どうなるかなぁと思ったけど
テンポもいいし、中だるみもしないし、面白く展開して
結構盛り沢山。
悪い人が悪いだけじゃなくて、善い人が善いだけでもなくて(?)

とりあえず、現在5まであるようなので、
はやくシーズン3、やってくれないかなー。

『シャーロックホームズ シャドウゲーム』

  • 2015.07.02 Thursday
  • 14:37
評価:
ブルース・バーマン,スティーヴ・クラーク=ホール,マイケル・マローニー
ワーナー・ホーム・ビデオ

ロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウの、ホームズ&ワトソンは
これはこれでアリと、一応思ってる。

けど、テレビシリーズのカンバーバッチの方を見てからは、
シャーロック・ホームズ、としては、あっちの方が断然好き、ではある。

あんまりこう、ホームズだってことを意識せずに(?)
アクションミステリと思って見てるかなぁ。

モリアーティー教授が、知らない俳優さんなもんだから、
なんかこう、ぱっとしないんだよね(^^;
もの足りなくて。
もっとインパクトある俳優さんにしてほしかったなぁ。


テレビの録画なんだけど、酷かった…。
テロップが滅茶苦茶多くて、いちいちこれまでの説明あったり
先のネタバレあったり。
何これって思ったとこで、そういえば、この放送があったときに
テロップがうるさいって、ツイッターとかで見かけたんだっけ
って思いだした。
途中から見た人のために、とかかもしれないけど、
余計だよ、ああいうの(-_-;)

『コクリコ坂から』

  • 2015.07.01 Wednesday
  • 19:29
評価:
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ジブリ作品だから、一応、と思って録っておいて、
やっと見た。

一回見たら、もういいかなぁって感じ。
同じ初恋もの?純愛もの?みたいなのでも、
『耳をすませば』は、やってるとたまに見たくなるけど、
これはあんまりそんな風にならないかなー。
あと、猫率の問題もあるかも(笑)

ちょっとノスタルジックな、昭和な感じとか、
そういうのが好きな人は好きなのかなぁ。
そういうの嫌いじゃないと思ってたけど、
好きでもないんだなぁ、ってこの作品では思った。


長澤まさみは、結構上手いと思ったし、
顔が思い浮かぶ感じでもなかったからよかったけど、
クライマックス(?)場面の船長さんの声が、
本人を思い出しちゃって、浮きまくって、
凄く大事な場面なのに、私は何かあれが駄目だったー…。
<内藤さん自身は好きな俳優さんですよ

『スペースカウボーイ』

  • 2015.07.01 Wednesday
  • 17:00
殆ど引退したメンバーが再集結して何かを成し遂げる
ってパターンは結構好きだったりします。

そして私、結構じじコン?です(笑)
<じじいって失礼
年配男性俳優さんが結構好き、というか。
イアン・マッケランとかロバート・レッドフォードとか。
クリストファー・リーは先日亡くなって悲しかった。

訓練を受けていたものの、宇宙飛行士になれなかったチームのメンバーが
主人公しか直せないシステムが使われたロシアの衛星の修理のために
集結する。

ありがちなパターンだけど、面白かったです。
またやったら観たいな。


でもね、でも、酷いんだよ、これ…。
名前思いだせなかった俳優さんの名前を見ようと
<ドナルド・サザーランドだったんだけど
番組説明を見たら…
『ラストがネタバレした状態のあらすじ』書いてあった。
見ちゃって、えーーー…、でした。

いや、そんな番組説明、見る私が悪いの?
だって、ラストまで普通番組説明のあらすじに書いてないでしょー?
いつも書いてないもんー!

あの番組説明って、誰が書いてるんだろう。
ラストのネタバレはやめて欲しいわ(-_-;)
続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

四季猫いくつ?


☆夏海は2008/3/31に天使猫になりました


☆秋音は2016/7/20に天使猫になりました


☆冬夜は2017/2/2に天使猫になりました


*script by KT*

ブクログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM