スポンサーサイト

  • 2017.08.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『続巷説百物語』 京極夏彦/角川文庫

    • 2005.03.24 Thursday
    • 20:13
    続巷説百物語
    続巷説百物語
    京極 夏彦

    『巷説百物語』の続編。
    ‘考え物の先生’の山岡百介が出会った、「仕掛け」を行う裏稼業の人物たち。

    世間的にはあやかしによるものでも、裏で「仕掛け」が行われてる、という展開は
    最初の『巷説百物語』では、あまり好きになれなかった。
    ‘表’で見える世界の方が面白く感じたからだろう。

    今回は主要人物たちの生い立ちの一部が明らかになったり、6編の短編が
    それぞれ一応完結しつつも、一部次へ引き継がれていく問題もあり、
    そのせいか面白かった。
    前にはただの怪しい変な人たちだったのが、人間味を感じられたからかな。
    「仕掛け」が判るのも、今回はどうなってるんだろうと楽しめた。

    どれも悲しさが付きまとうのだけど、5編目までは面白く読める。
    が、最後の短編が、どうしてこうならなきゃいけないのか判らず、ひたすらに悲しい。
    ↓ネタバレ
    6編目でいきなり6年経ってるので、そこを読んだ時点で展開にやな予感は
    するのだけど、この終わり方は結構残念。
    やっと面白くなってきたところなのに〜という感じ。
    しかも治平さんが死んだとあっさり書かれてるのも何とも・・・。

    このあとの『後巷説百物語』は、文庫になるまで待つのだけど、あらすじでは
    山岡百介は老人で思い出話調の様子だし、それは淋しいなぁ・・・。

    スポンサーサイト

    • 2017.08.10 Thursday
    • 20:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      続巷説百物語 (角川文庫)京極 夏彦 by G-Tools タイトルからお分かりと思うが、『巷説百物語』の続編。 登場人物はお馴染みの方々。 『野鉄...
      • 月のブログ
      • 2008/11/29 8:43 AM
      2001年5月リリース。『嗤う伊右衛門』に登場した御行の又市を中心に据えた『怪』シリーズ第2弾。今月文庫化されたこの続編で第130回直木賞を受賞した『後巷説百物語』には付録として詳細な『巷説百物語シリーズ解説書』が添付されていて好事家には必須アイテムとなって
      • 本を読もう
      • 2007/05/22 8:50 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      四季猫いくつ?


      ☆夏海は2008/3/31に天使猫になりました


      ☆秋音は2016/7/20に天使猫になりました


      ☆冬夜は2017/2/2に天使猫になりました


      *script by KT*

      ブクログ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM